次回の「アドベンチャートラベル」の世界サミット開催地に北海道が内定、ポストコロナの起爆剤に

観光庁によると、「アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット(ATWS)2023」の開催地が北海道に内定した。「ATWS2021バーチャル北海道/日本」(2021年9月20~24日)のクロージングセレモニーで、主催者のアドベンチャートラベル・トレード・アソシエーション(ATTA)が公表したもの。

2021年は新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン開催だったが、ATWS2021北海道実行委員会(北海道と道内の官民20団体から構成)が再開催に向け、2023年大会の開催地に立候補していた。ATWSはエクスカーション、懇親会、商談会、セミナーなどが開催され、日本の魅力を世界に発信する絶好のチャンスとなる。

「アドベンチャーツーリズム」は、「自然」・「文化体験」・「アクティビティ」の3つの要素のうち、2つ以上で構成される体験型の旅行形態の1つ。外国人からの人気が高く、長期滞在が見込まれ、観光消費額も大きいという特徴から、ポストコロナの観光復興のカギとして世界的に注目が集まっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。