日本政府観光局、ドイツのプロサッカー「フランクフルト」と連携、11月の日本遠征を契機に、長谷部選手らが日本の魅力発信

日本政府観光局(JNTO)は、ドイツのプロサッカーリーグ・ブンデスリーガ1部の「アイントラハト・フランクフルト」と連携し、11月に日本に遠征して行われる「ブンデスリーガジャパンツアー2022」を契機として訪日旅行推進のためのパートナーシップ事業を展開する。フランクフルトには現在、長谷部誠選手と鎌田大地選手が所属している。

今回の事業では、フランクフルト市で10月下旬に開催予定のメディア発表会で、長谷部誠選手とチームメイトによる対談動画を公開するほか、11月の日本遠征中に訪日観光プロモーション動画撮影をおこなう。

また、フランクフルトのレジェンド、ウーベ・バイン氏(元浦和レッズ)を起用したプロモーションなどウェブサイト・SNSなどを通じて、多様な情報を発信していく。

ブンデスリーガジャパンツアー2022では、フランクフルトは11月16日に浦和レッズと、11月19日のガンバ大阪と対戦する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…