成田空港、お盆期間の国際線旅客は8%増、リゾート路線と台湾が人気

成田国際空港は2015年夏季国際線旅客推計(8月7日〜8月16日)を発表した。それによると、期間中の旅客数は、夏ダイヤ以降の新規就航や増便によって、前年同期8.0%増の87万1500人になる見込み。

お盆期間の旅客数内訳は、出国旅客が同6.0%増の43万7200人、入国旅客が同10.1%増の43万4300人。方面別では、ハワイやグアムなどのリゾート路線や台湾が人気となっている。

出国のピーク日は8月8日で4万9700人、入国のピークは8月16日で5万1200人と推計している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。