楽天トラベル、宿泊施設への送金を早期化、新型コロナで影響受ける施設のキャッシュフロー改善を支援

楽天は、2020年3月18日から楽天トラベルの国内登録施設向けに旅行者の事前決済代金などの送金を1週間早める臨時対応を実施する。新型コロナウイルスの影響による宿泊需要減少で業績悪化が深刻化する施設の声を受け、キャッシュフロー改善を支援するもの。対象の送金内容は、楽天トラベルで予約した宿泊とツアーに関わる事前決済代金、楽天ポイント利用額、 割引クーポン利用額など。終了時期は未定としている。

臨時対応の詳細は以下のとおり。

  • 内容:宿泊施設に向けた毎月の旅行代金等の送金を、通常の「旅行当月末締め、翌月25日払い」から「旅行当月末締め、翌月18日払い」に早める臨時対応を実施。送金日が休日の場合は翌営業日に送金
  • 対象施設:楽天トラベルの国内登録宿泊施設
  • 送金対象:宿泊とツアーの事前決済代金、楽天ポイント利用額 割引クーポン利用額など

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。