検索タグ "ジェットスター"

LCCジェットスター・ジャパン、関西/香港線を増便、最大週5便へ

LCCジェットスター・ジャパン、関西/香港線を増便、最大週5便へ

ジェットスター・ジャパン(GK)は関西/香港線を、現在の週3便から最大週5便に増便する。対象の運航期間は2015年7月18日~10月24日までで、週3便、週4便での運航期間もある。
成田空港のLCCターミナルにジェットスターとチェジュ航空も入居、計5社で4月に営業開始へ

成田空港のLCCターミナルにジェットスターとチェジュ航空も入居、計5社で4月に営業開始へ

成田国際空港は4月8日にLCC専用としてオープンする第3旅客ターミナルに、ジェットスター航空(JQ)、チェジュ航空(7C)の入居を発表。計5社のLCCが国内12都市、海外7都市に就航する予定。
年末年始の航空実績2014、LCC3社は国内線利用率で明暗、国際線は2社が90%超え

年末年始の航空実績2014、LCC3社は国内線利用率で明暗、国際線は2社が90%超え

【LCC3社の年末年始】ピーチアビエーション(MM)、ジェットスタージャパン(GK)、バニラエア(JW)のLCC3社は2014年度年末年始期間、路線網の拡大に伴い旅客数を伸ばしたものの、利用率では明暗が分かれた。
成田空港・深夜早朝便へのアクセス向上でキャンペーン、京成線ダイヤ改正でジェットスター・ジャパンと

成田空港・深夜早朝便へのアクセス向上でキャンペーン、京成線ダイヤ改正でジェットスター・ジャパンと

京成電鉄、ジェットスター・シャパン(GK)および成田国際空港は、2014年12月25日〜2015年3月28日までの期間、「成田空港の早朝便で国内旅行に行っちゃおうキャンペーン」を実施する。
【LCC3社】年末年始の航空予約2014、国内線でピーチとジェットスターが苦戦、バニラは健闘

【LCC3社】年末年始の航空予約2014、国内線でピーチとジェットスターが苦戦、バニラは健闘

2014年度年末年始期間)のLCC航空予約の状況によると、国内線でピーチ・アビエーション(MM)とジェットスター・ジャパン(GK)の予約率は前年を下回った一方、バニラ・エア(JW)は、内際線とも好調に予約を伸ばしている。
LCCジェットスター・ジャパンが国際線に参入、関空/香港線で片道599円キャンペーン

LCCジェットスター・ジャパンが国際線に参入、関空/香港線で片道599円キャンペーン

LCCジェットスター・ジャパンが国際線に参入。第一弾として開設されるのは関空/香港線で2015年2月28日から週3往復・合計6便で運航を開始。片道599円キャンペーンも用意し積極的にプロモーション。
LCCジェットスター・ジャパンとアメリカン航空が日本国内線でコードシェア、米国/地方空港間のアクセス向上に

LCCジェットスター・ジャパンとアメリカン航空が日本国内線でコードシェア、米国/地方空港間のアクセス向上に

LCCジェットスター・ジャパンとアメリカン航空は、コードシェア提携を締結。2014年10月26日から成田発着の札幌線、関空線、松山線、福岡線、那覇線のジェットスター5路線でアメリカン航空の便名付与のフライトを開始。
LCCジェットスター・ジャパン、冬期に成田3路線・関空1路線で増便、1日最大108便に

LCCジェットスター・ジャパン、冬期に成田3路線・関空1路線で増便、1日最大108便に

LCCジェットスター・ジャパンは2014年冬期スケジュールで、成田から新千歳、関空、那覇空港への3路線、関空から新千歳空港への1路線で増便。1日の最大運航便数を52往復104便から54往復108便とする。
ジェットスター・ジャパン、累計搭乗者600万人達成、就航から2年3ヶ月

ジェットスター・ジャパン、累計搭乗者600万人達成、就航から2年3ヶ月

ジェットスター・ジャパン(GK)は、9月24日に累計搭乗者数600万人を達成した。就航から約2年3ヶ月で達成したことになり、国内LCCとしては最速ペース。
LCC3社の2014年お盆期間実績、台風の影響も国内線で高い利用率、バニラ国際線は90%超え

LCC3社の2014年お盆期間実績、台風の影響も国内線で高い利用率、バニラ国際線は90%超え

国内LCC3社のお盆期間(8月8日〜17日)の利用実績によると、国内線ではピーチ・アビエーション(MM)、ジェットスター・ジャパン(GK)、バニラエア(JW)とも台風11号の影響を受けたものの、高い利用率を記録。
国内LCC3社の2014年お盆予約状況、路線拡大で予約数が大幅増、ピーチ17%増、ジェットスター46%増に

国内LCC3社の2014年お盆予約状況、路線拡大で予約数が大幅増、ピーチ17%増、ジェットスター46%増に

お盆期間の予約状況によると、国内線ではピーチ・アビエーション(MM)、ジェットスター・ジャパン(GK)とも前年と比べると路線網拡大しているため提供座席数が大幅増、予約数も大きく伸ばしている。
LCCジェットスター・ジャパンが夏期需要獲得への新戦略、遅延・欠航のお見舞金など新サービス充実へ

LCCジェットスター・ジャパンが夏期需要獲得への新戦略、遅延・欠航のお見舞金など新サービス充実へ

ジェットスター・ジャパン(GK)は、就航2周年と累計搭乗者数500万人達成を記念して、新サービスおよび新しいキャンペーンを実施する。夏期需要獲得の新戦略として。
ジェットスター・ジャパン、就航105週目で搭乗者数500万人達成、日本のLCCでは最速

ジェットスター・ジャパン、就航105週目で搭乗者数500万人達成、日本のLCCでは最速

ジェットスター・ジャパンが7月6日に累計搭乗者数500万人を突破。就航から105週目での達成は、日本のLCCとしては最速ペース。
ジェットスター、成田・関空発着のケアンズ線にもボーイング787導入

ジェットスター、成田・関空発着のケアンズ線にもボーイング787導入

ジェットスター航空(JQ)は、 8月14日から成田/ケアンズ線に、9月5日から関西/ケアンズ線にボーイング787を導入する。
ジェットスター、B787を成田/ゴールドコースト線に導入

ジェットスター、B787を成田/ゴールドコースト線に導入

ジェットスター航空(JQ)は2014年7月24日~、成田/ゴールドコースト線にボーイングB787型機を導入。現在4機を保有しており、導入路線はゴールドコースト線を入れて計7路線となる。
LCCジェットスター、夏スケジュールで101便の増便を延期、整備体制遅れで

LCCジェットスター、夏スケジュールで101便の増便を延期、整備体制遅れで

ジェットスター・ジャパン(GK)は、夏期運航スケジュールで計画していた増便の一部について開始時期を延期すると発表した。延期となる期間は6月3日~6月11日の9日間。101便が対象となる。
JAL、オーストラリアとニュージーランドの路線拡大、新たな3社とコードシェアで

JAL、オーストラリアとニュージーランドの路線拡大、新たな3社とコードシェアで

日本航空(JL)は、新たなコードシェアによりオーストラリア路線のネットワークを拡大。まず、5月22日からジェットスター航空(JQ)が新規就航した成田/メルボルン線でコードシェアを開始。
LCC3社のゴールデンウィーク、国内線利用率で明暗、国際線は2社が80%超

LCC3社のゴールデンウィーク、国内線利用率で明暗、国際線は2社が80%超

LCC3社の2014年度ゴールデンウィーク実績によると、国内線の旅客数ではピーチ、ジェットスター・が前年を大きく上回る実績を残したものの、利用率は前年を下回る結果。国際線は2社が利用率80%超。
LCCジェットスターの成田/メルボルン就航、観光局は観光促進図る

LCCジェットスターの成田/メルボルン就航、観光局は観光促進図る

オーストラリア政府観光局(TA)とビクトリア州政府観光局(TVIC)は、ジェットスター航空(JQ)の成田/メルボルン線就航を好機とし、観光促進を図る。豪州第2の都市の多様な魅力をアピールする。
ゴールデンウィークの航空予約、LCC3社は国内線予約率で明暗、ピーチは70%を確保

ゴールデンウィークの航空予約、LCC3社は国内線予約率で明暗、ピーチは70%を確保

LCC3社の2014年度ゴールデンウィーク期間(4月25日〜5月6日)の予約状況がまとまった。国際線ではピーチ、バニラ・エア(JW)とも好調に推移。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…