観光庁、「日本版持続可能な観光ガイドライン」モデル事業を実施、沖縄県や北海道ニセコなど5地区を支援

観光庁は、2020年6月に公表した「日本版持続可能な観光ガイドライン(JSTS-D)」の普及促進を目的として、北海道ニセコ町、三浦半島観光連絡協議会(鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町)、岐阜県白川村、京都市、沖縄県の5つの地区でモデル事業を実施した。

観光庁は、持続可能な観光を学ぶトレーニングプログラムの実施や、危機管理やエコツーリズムなどの有識者を派遣などでモデル地区を支援。トレーニングプログラムでは、持続可能な観光の国際基準を開発したグローバルサステナブルツーリズム協議会(GSTC)公認のトレーナーによる講義とフィールドワークによって、持続可能な観光に関する基準の理解を促進。また、有識者を各モデル地区に派遣し、持続可能な観光地経営を進める上でのアドバイスを行ったほか、各地区の課題(ごみのポイ捨てなど)を解決するための調査も行い、持続可能な観光の実現に向けた取組を支援した。

この結果、各地において持続可能な観光への意識が高まり、持続可能な観光の国際的な認証機関であるグリーン・デスティネーションズが実施する表彰制度「TOP100選」に全モデル地域が選出された。また、JSTS-D各項目への取組状況などを記載したアセスメントレポートを作成した。

アセスメントレポートの一部(PDF)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。