シンガポール航空、7月下旬から東京路線を増便、入国規制緩和で東京発は週21便に

シンガポール航空(SQ)は2022年7月下旬から東京/シンガポール線を増便すると発表した。入国規制の緩和に伴い、旅行需要の再獲得を図る。

7月24日から羽田/シンガポール線は毎日運航に、7月26日からは成田/シンガポール線を毎日2便で運航再開する。主要マーケットの羽田・成田の便合計で現行の週14便から週21便へと増便することで、書き入れ時の夏休みの需要開拓を図りたい考えだ。

増便する羽田・成田発シンガポール行きのフライトスケジュールは下記のとおり。

※7月24日から毎日運航、エアバスA350⁻900型使用

  • SQ635便 羽田22:55発/シンガポール4:55着(翌日) 
  • SQ634便 Singapore13:55発/羽田21:50着

※7月26日から毎日運航、ボーイング787-10型使用

  • SQ637便 成田11:10発/シンガポール17:20着
  • SQ638便 シンガポール23:55発/成田8:00着(翌日)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…