Trip.com、旅行先のリスク評価を提供、アマデウスのソリューションで、年内に日本語も

トリップ・ドットコム(Trip.com)は、旅行リスクの分析「リスクライン(Riskline)」社と提携する「アマデウス・トラベル・セーフティ・コンデションズ(Amadeus Travel Safety Conditions)」を実装した。

リスクラインは、2020年から新型コロナウイルスの感染状況を詳細に追跡し、その情報を提携企業やパートナーに提供してきた。一方、アマデウス・トラベル・セーフティ・コンデションズは、新型コロナウイルスの各国のリスクレベルと規制要件などの情報を提供している。

今回の提携によって、トリップ・ドットコムは、アマデウス・トラベル・セーフティ・コンデションズを通じて、さまざまなリスク情報を提供することで、安心安全の旅行を訴求し、消費者の旅行意欲を高めていく。

アマデウス・トラベル・セーフティ・コンデションズは、200ヵ国・地域以上を網羅。1日あたり400件以上の情報を更新している。2022年後半には、日本語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語などの言語での提供も始める。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…