日本観光振興協会、全国の観光分析データを提供開始、観光振興デジタルプラットフォーム構築で

日本観光振興協会は、地域の観光データ活用の拡大を推進する「日本観光振興デジタルプラットフォーム」の提供を開始した。これは、日本観光振興デジタルプラットフォーム推進コンソーシアムメンバーのオープントーン社と共同で構築したもの。データ分析サービスの提供を通じて持続可能なツーリズムビジネスをデータ活用の面から支援する。

日本観光振興デジタルプラットフォームは、地域の観光・ツーリズム情報の全国的な整備と仕様の統一を行い、データ流通拡大を推進する地域と共有する共通デジタルプラットフォーム。オープントーン社は全国観光DMPの構築に取り組んている。

全国観光DMPは観光統計や調査データ(宿泊旅行統計、旅行消費額調査データ、観光入込統計、観光の実態と志向など)および観光に関するビックデータ(宿泊予約、人流、消費購買など)を集約し一元管理することで、常時最新の観光データを活用することを可能にしている。

日本観光振興デジタルプラットフォームでは、基本機能である「高度化地域DMP(基本)」と拡張機能「高度化地域DMP(拡張)」を用意する。

「高度化地域DMP(基本)」は、日本観光振興協会の「デジタル観光統計オープンデータ」をダッシュボード上で可視化できる機能。ダッシュボードは、「地域の観光概況」「地域の観光分析」「地域の魅力分析」「他地域との比較」と4つのセクションに分かれ、宿泊者や訪問者の概況、属性、動向などの分析と自地域の観光資源の分析を行うことが可能で、都道府県・市町村などの協会員は無料で利用することができる。

一方、「高度化地域DMP(拡張)」は、「ビッグデータによるより細かい単位での分析」「地域独自のデータと組み合わせた専用ダッシュボード作成」「観光需要予測」「経済波及効果算出」などが可能な有料オプションメニュー。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクトSPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…