KNT-CT、業績予測を上方修正、学生団体旅行やコスト削減の徹底で損失改善 ー2021年3月期

KNT-CTホールディングスは、2021年3月期の連結業績予想を2021年2月9日の前回発表から上方修正した。売上高は870億円から875億円、営業損失は355億円から275億円、経常損失は265億円から170億円、当期損失は370億円から285億円にそれぞれ改善する見込み。

国内の学生団体旅行が想定以上に実施されたことや受託事業の収支が改善したことなどにより売上総利益が増益となり、費用面では、給与・賞与等の人件費をはじめとする固定費、販管費全般の削減をさらに徹底したことに加えて、営業外収益で雇用調整助成金などの助成金収入を計上した結果、損失が改善される見込みとなった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。