検索タグ "観光協会"

京都の外国人宿泊者シェアが約4割に、アジア客も増加 -2015年4月

京都の外国人宿泊者シェアが約4割に、アジア客も増加 -2015年4月

京都文化交流コンベンションビューローによると、2015年4月の外国人利用割合がほぼ4割に達し、過去最高に。欧州・豪州が減少もアジアの宿泊客が増加し、外国人利用者のシェアを押し上げた。
三重県伊勢市とリクルート、スマホアプリで若年層向け観光促進

三重県伊勢市とリクルート、スマホアプリで若年層向け観光促進

三重県伊勢市は、18〜24歳を対象に初めて伊勢に出会う旅をコンセプトにしたキャンペーンを企画。リクルートと連携し、予約サイト「じゃらんnet」やスマホアプリ活用で現地滞在を促進する。
京都市が訪日外国人誘致に見せる本気、世界に勝つインバウンド戦略を聞く

京都市が訪日外国人誘致に見せる本気、世界に勝つインバウンド戦略を聞く

【インタビュー】京都市が訪日外国人誘致に見せる本気。千年の都・京都のインバウンド戦略とはーー?京都文化交流コンベンションビューロー赤星周平氏背景を聞く。
京都市が外国人向け観光サイトを刷新、トリップアドバイザーと連携や13言語対応など

京都市が外国人向け観光サイトを刷新、トリップアドバイザーと連携や13言語対応など

京都市・京都文化交流コンベンションビューローが運営する外国人旅行者向け京都観光案内サイトが全面リニューアル。トリップアドバイザーや各種事業者とのページ連携や多言語対応範囲の拡張で、利便性を向上。
京都市、観光とMICEで「世界があこがれる都市」へ、2020年に外国人宿泊者を約3倍・観光消費額1兆円を目指す

京都市、観光とMICEで「世界があこがれる都市」へ、2020年に外国人宿泊者を約3倍・観光消費額1兆円を目指す

京都市は東京オリンピックなど世界的なスポーツ大会が開催される2020年に向け、新たな観光推進計画とMICE戦略を策定。外国人宿泊者数を約3倍に、観光消費額年間1兆円を目指す。観光とMICEで「世界があこがれる都市」へ。
富山県10市4町連携で大人向けの33体験型プログラム、来春の北陸新幹線開業に向けて情報発信

富山県10市4町連携で大人向けの33体験型プログラム、来春の北陸新幹線開業に向けて情報発信

富山県は富山県観光連盟などと連携し、体験型観光プログラム「大人の遊び、33の富山旅。」を開発。土地固有の風土・歴史・文化・人に出会う大人の知的好奇心を満たす旅を提案、プログラムの内容を掲載したハンドブックも作成した。
関東6県の観光局「JTB関東交流文化誘致協議会」発足、ユニークベニュー開発や情報サイト開設など

関東6県の観光局「JTB関東交流文化誘致協議会」発足、ユニークベニュー開発や情報サイト開設など

JTB関東は7月1日付で、エリア内6県の観光局的機能を担う協議会を、宿泊施設や土産・飲食店、交通機関、自治体などと設立。ユニークベニューの開発なども行ない、流入人口増加と地域活性化を図る。
地方自治体の観光誘致を「代行」するサービス、パソナが開始、日本雇用創出機構で

地方自治体の観光誘致を「代行」するサービス、パソナが開始、日本雇用創出機構で

パソナグループの日本雇用創出機構は、地方自治体のシティセールスや観光ピーアールを行なう「東京事務所サービス」を開始。地域活性化に取り組む市町村レベルの自治体の課題に対応する。
山形県「クラゲ世界一の水族館」がリニューアル、地域活性化と外国人旅行者を呼込みの起点に

山形県「クラゲ世界一の水族館」がリニューアル、地域活性化と外国人旅行者を呼込みの起点に

クラゲ世界一で知られる山形県鶴岡市の加茂水族館がリニューアルオープン。山形県と鶴岡市は、羽田国際化で活気づく羽田/庄内線を活用して水族館起点の地域活性化と訪日旅行者の取込みを図る。
富山市、MICEやスポーツ大会誘致で補助金制度を設定

富山市、MICEやスポーツ大会誘致で補助金制度を設定

富山市では、市内でのコンベンションやスポーツ大、合宿などの誘致に積極的。そのためのさまざまな補助金制度も設けている。
「大阪・光の饗宴2013」の来場者数は517万人、経済効果は284億円

「大阪・光の饗宴2013」の来場者数は517万人、経済効果は284億円

2013年12月1日~2014年1月19日に開催された「大阪・光の饗宴2013」の来場者は延べ約517万人。経済効果は284億円。今回から民間主体で開催された10プログラムを含め、同一イベントとして開催している。
エースJTB、軽井沢で手荷物配送開始、観光協会、ヤマト運輸と共同で

エースJTB、軽井沢で手荷物配送開始、観光協会、ヤマト運輸と共同で

ジェイティービーと信州・長野県観光協会、ヤマト運輸は共同で、軽井沢での手荷物配送サービスを開始。エースJTBの利用客に無料特典として提供し、旅行者の利便性向上と地域経の活性化に繋げる。
JTB、中央区・江東区と協業で「観光舟運まちあるきツアー」を試験実施

JTB、中央区・江東区と協業で「観光舟運まちあるきツアー」を試験実施

JTBは、中央区と江東区と共同で観光舟運まちあるきツアーを試験開催。2020年東京五輪に向けて変わりゆくエリアを体験、舟運観光活性化で。
JTBと大田区、産業観光ツアーで商品化に向けた社会実験、第1弾から進化形で

JTBと大田区、産業観光ツアーで商品化に向けた社会実験、第1弾から進化形で

JTBと大田区が産業観光モニターツアーで第2、3弾を企画。産業観光ツアーの仕組みづくり、ノウハウ構築をめざす。
東京のアンテナショップが大型化傾向に、好調も課題はネット活用と外国人観光客

東京のアンテナショップが大型化傾向に、好調も課題はネット活用と外国人観光客

地方自治体が運営するアンテナショップの東京店舗は入店者数・売上ともに好調続く。大型化と出店地の集中の傾向で、課題はネット活用と外国人観光客へのPR。
東京都、「観光まちづくり取組事例集」を作成、情報共有を目指す

東京都、「観光まちづくり取組事例集」を作成、情報共有を目指す

東京都は、「観光まちづくり取組事例集」を作成。地域ブランド認証制度、観光まちづくり取組事例のほか、131の観光まちづくりに取り組む団体の基本情報も掲載した。
空コン、街コンと観光の融合で地方活性化へ、「空コンinご縁の国しまね」を開催

空コン、街コンと観光の融合で地方活性化へ、「空コンinご縁の国しまね」を開催

街コンのリンクバル、観光ツアーを組み合わせた旅行街コン「空コンinご縁の国しまね」を開催。地域振興としての側面がある街コンに観光旅行を組み合わせる試み。
博報堂、企業と地域との関係構築を支援、「共創型」「仲間」で街づくり

博報堂、企業と地域との関係構築を支援、「共創型」「仲間」で街づくり

博報堂のブランディング専門組織である博報堂ブランドデザインは、地域社会との良質な関係づくりによって企業・団体のブランド価値向上を支援するサービス提供開始。
大分県、ハローキティで「おんせん県おおいた」をPR、くまモンとコラボも

大分県、ハローキティで「おんせん県おおいた」をPR、くまモンとコラボも

大分県は、ハローキティを「おんせん県おおいた」の応援団として活用しPR。やまなみハイウェイ50周年で熊本県「くまモン」とハローキティのコラボイベントも。
長野県信濃町、SNSなど投稿分析のソーシャルリスニング活用でプロモーション

長野県信濃町、SNSなど投稿分析のソーシャルリスニング活用でプロモーション

一般財団法人長野経済研究所は、「ソーシャルリスニング」を活用し、長野県信濃町のプロモーション映像を制作した。地域活性化プロジェクトでビッグデータを活用したソーシャルリスニングは珍しいという。