ANA、夏期の追加運休・減便を発表、羽田/ストックホルム線は就航延期、旅客機客室を医療物資輸送などに活用へ

(c) stock.foto

ANAは、2020年夏季ダイヤ期間の国際線について、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う運休・減便を追加した。3月29日~5月15日の期間では、新たに7路線46便を運休・減便。これにより、この期間、2020年度事業計画72路線8329便のうち89.6%にあたる計72路線7466便が運休・減便となる。

また、羽田発着枠拡大を受けて今年6月6日から週3便で新規就航する予定だった羽田/ストックホルム線の開設日を延期する。新しい就航日は未定だ。

さらに、5月16日~5月31日の期間では、新たに67路線2415便が運休・減便。当初、この期間において計72路線2763便の運航を計画していたが、そのうち91.7%にあたる計71路線2535便が運休・減便することになる。この期間に週7便で通常運航されるのは羽田/バンコク線、成田/ロサンゼルス線のみ。

このほか、ANAは、旅客機の座席に貨物を搭載する取り組みを開始。中国から日本へのマスクや防護服など医療関連物資の輸送などに活用していく。また、緊急輸送品など国際貨物の輸送需要に柔軟に対応するため、保有する貨物専用機による臨時便やチャーター便の設定も拡大。3月に86便、4月は297便を運航する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…