検索タグ "夏休み"

夏休み旅行2015年予測、過去2番目に多い7816万人、9月シフト増加も -JTB調べ

夏休み旅行2015年予測、過去2番目に多い7816万人、9月シフト増加も -JTB調べ

JTBは「2015年夏休みの旅行動向」見通しを発表。総旅行人数は過去2番目に多い7816万人。国内旅行が0.2%増の7561万人と増加するも、海外旅行は減少。ボーナス増額に反して、消費額は減少傾向に。
HISの夏休み旅行予約ランキング2015、海外トップはホノルル、伸び率ではキューバとカナダが前年比3倍に

HISの夏休み旅行予約ランキング2015、海外トップはホノルル、伸び率ではキューバとカナダが前年比3倍に

H.I.S.は2015年の夏休み(7月16日~9月30日)の予約状況をもとに、人気方面を発表。海外旅行は1位がホノルル、2位がグアム、3位が台北。伸び率ではキューバ・ハバナがランクイン。
JTBの夏休み宿泊旅行ランキング2015、ネット予約はトップに「山梨県」が登場、2位は「京都府」に

JTBの夏休み宿泊旅行ランキング2015、ネット予約はトップに「山梨県」が登場、2位は「京都府」に

i.JTBは、2015年の夏季休暇期間(7月15日から8月31日までに出発)の都道府県別・国内宿泊のネット予約状況を発表。「山梨県」が昨年3位から人気トップに。
楽天トラベルの夏休み旅行予約2015、北陸3県の予約が7割増、訪日旅行も倍増に

楽天トラベルの夏休み旅行予約2015、北陸3県の予約が7割増、訪日旅行も倍増に

楽天トラベルの夏休み期間の旅行予約状況は、国内旅行は35%増、訪日旅行は倍増で好調な推移。国内旅行には北陸新幹線やふるさと旅行券の影響も。一方、海外旅行は2ケタ減。
夏休みの海外ツアー2015、問合せ数が2割増で人気1位はオアフ島、ピークはシルバーウィークに -エイビーロード

夏休みの海外ツアー2015、問合せ数が2割増で人気1位はオアフ島、ピークはシルバーウィークに -エイビーロード

海外旅行検索・比較サイト「エイビーロード」の2015年夏休み期間の海外ツアー問い合わせが、前年比20%増で推移。ビーチを中心に、欧州も回復傾向。ピークはお盆からシルバーウィークに移行。
夏休み旅行ツアーで「鉄道の仕事体験」をシリーズ化、車内アナウンスや車両操作体験など ―JTB

夏休み旅行ツアーで「鉄道の仕事体験」をシリーズ化、車内アナウンスや車両操作体験など ―JTB

JTBコーポレートセールスは、2015年6月25日より、夏休みの子ども向け商品鉄道体験プログラムを販売。これまで関東の一部を対象としていたものを、全国11の鉄道会社に展開、シリーズ化するもの。
日本旅行、小中学生の夏休み向け商品「トムソーヤクラブ」提供、富士山へチャレンジや英語講師とキャンプなど

日本旅行、小中学生の夏休み向け商品「トムソーヤクラブ」提供、富士山へチャレンジや英語講師とキャンプなど

日本旅行は、2015年7月と8月設定の小中学生の健全な育成をコンセプトとして展開中の「トムソーヤクラブ」で、2015年夏季版の商品を発売。山梨での「めざせ日本一!富士山チャレンジ」や福井・長崎での「イングリッシュキャンプ」など多数を用意。
夏休みの海外旅行2015、JTBのオンライン予約は航空券が16%増、人気都市トップはハワイ

夏休みの海外旅行2015、JTBのオンライン予約は航空券が16%増、人気都市トップはハワイ

ネット予約事業を行うi.JTBは、2015年5月29日、2015年の夏季休暇期間(7月15日から8月31日出発)における海外旅行の予約状況を発表。
日系航空2社の2014年お盆期間実績、JAL/ANAとも国内線で台風の影響大きく、国際線は両社とも北米・欧州が前年比増

日系航空2社の2014年お盆期間実績、JAL/ANAとも国内線で台風の影響大きく、国際線は両社とも北米・欧州が前年比増

JAL(JL)とANA(NH)のお盆期間(8月8日〜17日)の利用実績によると、国際線の旅客数ではJLが前年同期比で1.4%の微増にとどまった一方、ANAは、羽田発着便が増えたことで提供座席数が増加、旅客数も同11.9%増と大幅に伸ばした。
LCC3社の2014年お盆期間実績、台風の影響も国内線で高い利用率、バニラ国際線は90%超え

LCC3社の2014年お盆期間実績、台風の影響も国内線で高い利用率、バニラ国際線は90%超え

国内LCC3社のお盆期間(8月8日〜17日)の利用実績によると、国内線ではピーチ・アビエーション(MM)、ジェットスター・ジャパン(GK)、バニラエア(JW)とも台風11号の影響を受けたものの、高い利用率を記録。
航空4社の2014年お盆期間実績、スカイマーク好調で旅客数26%増、ソラシドのみ利用率80%下回る

航空4社の2014年お盆期間実績、スカイマーク好調で旅客数26%増、ソラシドのみ利用率80%下回る

航空会社4社のお盆期間(8月8日〜17日)の利用実績によると、エア・ドゥ(HD)、スターフライヤー(7G)、ソラシドエア(LQ)の旅客数は前年を下回ったものの、提供座席数を増やしたスカイマークエアラインズ(BC)は旅客数も前年を上回る結果となった。
お盆に帰省する人の休暇取得、最多は5日間で24.9%、7日間以上も24.4%に -ソニー損保

お盆に帰省する人の休暇取得、最多は5日間で24.9%、7日間以上も24.4%に -ソニー損保

ソニー損害保険が、自家用車所有者でかつ今年のお盆に帰省予定のある1000人にアンケートを実施。帰省のための休暇取得平均は5日間、帰省予定日は8月9日と13日にピークがわかれ、Uターンは16日と17日に回答が集中した。
本とスマホ連動で町探検する体験型謎解きガイドブック発売、夏休みの東京観光に活用が可能

本とスマホ連動で町探検する体験型謎解きガイドブック発売、夏休みの東京観光に活用が可能

スマートフォンと一緒に使用する書籍「東京謎解きツアービック消えた6人の謎」が誕生。ミステリー小説と暗号&パズルを一体にしたガイドで、利用者は主人公の探偵となって東京を訪れ、捜査を行なう。
日系2社の2014年お盆予約速報、国際線はANA23万人・JAL25万人、国内線はANA130万人・JAL81万人

日系2社の2014年お盆予約速報、国際線はANA23万人・JAL25万人、国内線はANA130万人・JAL81万人

JAL(JL)とANA(NH)のお盆期間(8月8日〜17日)の予約状況によると、国際線の予約数ではJLが前年同期比で0.7%の微増にとどまった一方、NHは、羽田発着便が増えたことから、同11.8%増と大幅に予約数を伸ばした。
国内LCC3社の2014年お盆予約状況、路線拡大で予約数が大幅増、ピーチ17%増、ジェットスター46%増に

国内LCC3社の2014年お盆予約状況、路線拡大で予約数が大幅増、ピーチ17%増、ジェットスター46%増に

お盆期間の予約状況によると、国内線ではピーチ・アビエーション(MM)、ジェットスター・ジャパン(GK)とも前年と比べると路線網拡大しているため提供座席数が大幅増、予約数も大きく伸ばしている。
KLM、夏休みのアムステルダム空港でファミリーチェックイン、子供向けギフトも

KLM、夏休みのアムステルダム空港でファミリーチェックイン、子供向けギフトも

KLMオランダ航空(KL)は6月30日~8月15日、アムステルダムスキポール空港でファミリーチェックインを行う。家族連れが出発ロビーでよりリラックスできるエリアを用意。子供向けギフトも。
JAL、羽田など5空港で夏休み期間限定の子ども用遊戯スペースを設置

JAL、羽田など5空港で夏休み期間限定の子ども用遊戯スペースを設置

JALグループは、夏休み期間の子ども向け遊戯スペース「JALキッズランド」を2014年7月19日~8月31日に羽田・関西・那覇など5空港で設置。JALグループ以外の便に搭乗する子どもも利用可。
2014年夏休みの子連れレジャー予算は7割が3万円以内、「増額」「減額」とも3割弱に ー東京サマーランド調べ

2014年夏休みの子連れレジャー予算は7割が3万円以内、「増額」「減額」とも3割弱に ー東京サマーランド調べ

東京サマーランドが小学生の子供がいる親1000人に行った調査で、今年の夏休みのレジャー予算は7割近くの家庭が3万円以内で、レジャー1回あたりの平均予算は約1万5000円を予定している結果に。
成田空港の夏休み2014年旅客数予測、出国旅客5.7%減の172万8400人に、人気はハワイと台湾

成田空港の夏休み2014年旅客数予測、出国旅客5.7%減の172万8400人に、人気はハワイと台湾

成田国際空港は、夏季期間(7月18日〜8月31日)の旅客数を一部路線で減便・運休があるため前年比5.1%減の339万4,100と予測。方面別ではハワイなどのリゾート路線や台湾が人気。
関空の2014年夏休み国際線利用者予測、8%増の122万3200人、香港/マカオが最大の伸び率

関空の2014年夏休み国際線利用者予測、8%増の122万3200人、香港/マカオが最大の伸び率

夏季多客期間(7月18日〜8月17日) の関西国際空港国際線利用者数は前年比8%増の122万3,200人(1日あたり3万9,500日)になる見込み。最も伸び率が高いのは香港/マカオで同55%増の7万200人。