検索タグ "災害関連"

長野県小諸市が「紅葉まつり」開催、台風19号被害から復旧、観光客の受け入れ正常化を呼びかけ

長野県小諸市が「紅葉まつり」開催、台風19号被害から復旧、観光客の受け入れ正常化を呼びかけ

台風19号の被害を受けた長野県小諸市が、観光客の受け入れ態勢が平常通りとなっていることを呼びかけ。小諸城址懐古園では、「紅葉(もみじ)まつり」開催中。
楽天トラベル、台風被害の復旧応援で宿泊クーポンを発行、千葉県や東日本13都県を対象に最大5000円引き

楽天トラベル、台風被害の復旧応援で宿泊クーポンを発行、千葉県や東日本13都県を対象に最大5000円引き

楽天トラベルが、台風15号で甚大な被害を受けた千葉県と台風19号で被害を受けた13都県を対象とする宿泊割引クーポンを発行。千葉では最大5000円割引に。
観光庁、台風19号で被災した宿泊事業者向けに相談窓口を設置

観光庁、台風19号で被災した宿泊事業者向けに相談窓口を設置

観光庁は、令和元年台風19号により甚大な被害が生じている宿泊事業者などの不安を解消するため、東北、関東、北陸信越および中部運輸局内に特別相談窓口を設置した。
観光庁、台風19号の被災地域を災害ボランティアツアーの適用地域に追加

観光庁、台風19号の被災地域を災害ボランティアツアーの適用地域に追加

台風19号の被災地域でのボランティアツアー実施へ。観光庁が災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用地域に追加。
観光庁、台風被害の千葉県の宿泊施設の営業情報を発信、公式サイトで

観光庁、台風被害の千葉県の宿泊施設の営業情報を発信、公式サイトで

観光庁が千葉県の宿泊施設の営業状況をホームページで公開。情報配信を希望する施設を対象に。
千葉県佐倉市、台風15号の被害から観光施設は復旧完了、「ぜひ来て」と呼びかけ

千葉県佐倉市、台風15号の被害から観光施設は復旧完了、「ぜひ来て」と呼びかけ

2019年9月に発生した台風15号によって甚大な被害を受けた千葉県佐倉市で、すべての観光施設が営業を再開。来訪を呼び掛けている。
東京駅・八重洲地下街、防災訓練で訪日外国人対応、初めて多言語で避難誘導

東京駅・八重洲地下街、防災訓練で訪日外国人対応、初めて多言語で避難誘導

八重洲地下街は総合防災訓練で初めて多言語による避難誘導を行った。東京に震度6強の強い地震が発生した想定で、日本語のほか、英語、中国語、韓国語で館内非常放送。
観光庁、台風15号被災の宿泊事業者向けに相談窓口を設置、支援策の紹介など

観光庁、台風15号被災の宿泊事業者向けに相談窓口を設置、支援策の紹介など

観光庁が2019年9月25日、令和元年台風第15号による被災宿泊事業者向けの特別相談窓口を設置。電話番号とFAX番号を発表。
山形県沖地震の復興支援で観光キャンペーン始動、1名3000円の宿泊割引など、旅行・航空各社も応援プラン設定

山形県沖地震の復興支援で観光キャンペーン始動、1名3000円の宿泊割引など、旅行・航空各社も応援プラン設定

国土交通省が6月に発生した山形県沖地震の被災地支援に取り組むことを発表。一人当たり3000円の宿泊割引などを予定。旅行各社もキャンペーンを展開。
西日本豪雨から1年、外国人の7割が被災地訪問を「控えようと思わない」、一方で市場別では意識わかれる

西日本豪雨から1年、外国人の7割が被災地訪問を「控えようと思わない」、一方で市場別では意識わかれる

日本政策投資銀行岡山事務所はこのほど、2018年7月の西日本豪雨が訪日旅行者の意識に与えた影響を調査。岡山訪問希望者全体の7割が「自然災害があっても旅行を控えようと思わない」と回答
観光庁、外国人向けの災害時情報源を提供、自治体や交通事業者用にデジタルデータを配布

観光庁、外国人向けの災害時情報源を提供、自治体や交通事業者用にデジタルデータを配布

観光庁が、訪日外国人旅行者が災害発生時などにも利用できる多言語情報源の周知を積極化。新たに紙面・ポスター用のデータを公開。
ぐるなび、訪日客向け多言語の災害情報を強化、位置情報もとに交通情報のリンク表示

ぐるなび、訪日客向け多言語の災害情報を強化、位置情報もとに交通情報のリンク表示

ぐるなびが訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE」で提供している災害情報を強化。「災害情報一元化サイト」としてリニューアル。
JR北海道、大規模災害時など運行情報をツイッターで英語配信、インバウンド客の増加で

JR北海道、大規模災害時など運行情報をツイッターで英語配信、インバウンド客の増加で

JR北海道が大規模災害時や事前に運休や運転見合わせを決定した際、英語のTwitterによる情報配信を開始した。最小限の運行状況を提供する手段として利用。
台湾地震で観光組織が現地情報を発信、日本人観光客の被害なし、駅や空港の一部が破損

台湾地震で観光組織が現地情報を発信、日本人観光客の被害なし、駅や空港の一部が破損

台湾観光局・台湾観光協会は2019年4月18日、現地時間13時頃に発生した花蓮沿岸を震源とするマグネチュード6.1の地震発生を受け、現地状況を報告。
観光庁、訪日客向けに災害時用リーフレット配布、24時間対応の電話番号やニュースにアクセスするQRコードなど記載

観光庁、訪日客向けに災害時用リーフレット配布、24時間対応の電話番号やニュースにアクセスするQRコードなど記載

観光庁が訪日外国人が災害時などに利用できるリーフレット「Safety Information Card」を公開。各所で配布するほか、データのダウンロードも可能。
日本が「防災・復興分野」で高評価、世界旅行ツーリズム協会が表彰、インバウンド拡大中の災害対応で

日本が「防災・復興分野」で高評価、世界旅行ツーリズム協会が表彰、インバウンド拡大中の災害対応で

世界旅行ツーリズム協会(WTTC)が開催する「第19回WTTCグローバルサミット2019」にて、日本が防災や危機管理、復興に関するチャンピオンアワードを受賞。
関空連絡橋が完全復旧、台風21号の被災から7カ月で、GW10 連休前に6車線に

関空連絡橋が完全復旧、台風21号の被災から7カ月で、GW10 連休前に6車線に

国土交通省道路局高速道路課は2019年4月8日、2018年の台風21号の影響によりタンカー船が衝突し、損傷した関西国際空港連絡橋について、完全復旧したと発表。
観光庁、大規模災害時の訪日客対応で体制強化、365日24時間対応のコールセンターで多言語チャットボット稼働など

観光庁、大規模災害時の訪日客対応で体制強化、365日24時間対応のコールセンターで多言語チャットボット稼働など

国土交通省がこのほど、非常時の外国人旅行者に向けた緊急対策の進捗を公開。災害情報発信フローも発表。
観光庁、外国人向け災害情報アプリのデータ公開、API経由で外部サービスでも利用可能に

観光庁、外国人向け災害情報アプリのデータ公開、API経由で外部サービスでも利用可能に

観光庁が、外国人向け災害時情報提供アプリ「Safety tips」のデータを活用できるAPIを公開。地震情報や津波情報などを外部アプリで取得・利用可能に。
非常事態におけるDMOの情報発信とは? ラスベガス銃乱射事件後の対応事例から学びたいこと【コラム】

非常事態におけるDMOの情報発信とは? ラスベガス銃乱射事件後の対応事例から学びたいこと【コラム】

DMOコンサルタント 丸山芳子氏によるコラム。今回は、2017年に銃乱射事件があったラスベガスの事例を紹介。事件直後からの取り組みや動画キャンペーンなど。