検索タグ "フィンエアー"

フィンエアー、成田/ヘルシンキ線を毎日運航へ、羽田など他路線はロシア領空閉鎖で運休

フィンエアー、成田/ヘルシンキ線を毎日運航へ、羽田など他路線はロシア領空閉鎖で運休

フィンエアーは、2022年5月1日から成田/ヘルシンキ線を現在の週4便からデイリー運航に増便。一方、ロシア領空閉鎖による影響などにより、成田線以外は運休。
フィンエアー、ロシア領空閉鎖の影響で、関西/ヘルシンキ線を4月末まで運休

フィンエアー、ロシア領空閉鎖の影響で、関西/ヘルシンキ線を4月末まで運休

フィンエアーはロシア領空閉鎖の影響で関西/ヘルシンキ路線を4月末まで運休。成田/ヘルシンキ線はロシア領空回避の飛行ルート採用、週4便で再開。
ウクライナ危機で欧州路線は迂回ルートで長時間フライトに、JALとANAも欠航や迂回を発表

ウクライナ危機で欧州路線は迂回ルートで長時間フライトに、JALとANAも欠航や迂回を発表

日本/欧州路線でもロシア・ウクライナ情勢による影響が始めた。JALとANAはそれぞれ当面の対応を発表。フィンエアーは、3月9日からロシア領空を迂回するルート運航開。
フィンエアー、需要回復傾向で今冬の運航再開や増便を決定、成田線は毎日運航、中部線は2月に運航再開へ

フィンエアー、需要回復傾向で今冬の運航再開や増便を決定、成田線は毎日運航、中部線は2月に運航再開へ

フィンエアーが冬期スケジュールで運航再開や増便を拡大。日本は成田線と関空線で増便、中部線も再開へ。
フィンランド、日本からのビジネス渡航者の受入れ再開、7月13日から

フィンランド、日本からのビジネス渡航者の受入れ再開、7月13日から

フィンランド政府は7月13日から、日本からのビジネス渡航受け入れを再開する。新型コロナのPCR検査などの検疫は不要。日本のほか、韓国、中国、タイなどからも商用目的を受け入れる。
フィンエアー、成田/ヘルシンキ線を再開、7月3日に週3便で、関西線は9月に延期、羽田新規就航は11月に

フィンエアー、成田/ヘルシンキ線を再開、7月3日に週3便で、関西線は9月に延期、羽田新規就航は11月に

フィンエアーは7月3日に成田/ヘルシンキ線を週3便で再開。関西/ヘルシンキ線の運航再開は9月に延期。羽田/ヘルシンキ線は11月に新規開設の予定。
フィンエアー、成田・中部・関空線を再開へ、7月から、アジア路線を中心に通常便の約3割の運航目指す

フィンエアー、成田・中部・関空線を再開へ、7月から、アジア路線を中心に通常便の約3割の運航目指す

フィンエアーが成田、中部、関空/ヘルシンキ線を7月から再開する。スケジュールは月ごとに見直し、渡航制限が解除され、需要が回復し始めた市場から徐々に再開、増便。
フィンエアー、4月から旅客輸送量を9割減に、東京路線は継続、名古屋/大阪/福岡/札幌は運休

フィンエアー、4月から旅客輸送量を9割減に、東京路線は継続、名古屋/大阪/福岡/札幌は運休

フィンエアーは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い4月1日から名古屋、大阪、福岡、札幌の各路線を運休。全体で旅客輸送量を前年比約90パーセント削減する。
フィンエアー、関空/ヘルシンキ線の今夏の増便は見送り、新型コロナウイルスによる需要減少で

フィンエアー、関空/ヘルシンキ線の今夏の増便は見送り、新型コロナウイルスによる需要減少で

フィンエアーは、関西/ヘルシンキ線について、新型コロナウイルスの感染拡大による需要減少で、2020年夏期スケジュールでの週12便への増便を見送り。
日本人の海外旅行を促進するために必要なことは? ツーウェイツーリズム戦略から需要開拓の目玉企画まで聞いてきた

日本人の海外旅行を促進するために必要なことは? ツーウェイツーリズム戦略から需要開拓の目玉企画まで聞いてきた

「ツーリズムEXPOジャパン2019」の海外旅行シンポジウムの模様をレポート。関空のポテンシャルからツーウェイツーリズムの重要性、ロングホールへの対策まで、日本が今まさに直面する課題が議論された。
フィンエアー、札幌線を通年運航に拡大、2020年夏には関空線も増便へ

フィンエアー、札幌線を通年運航に拡大、2020年夏には関空線も増便へ

フィンエアーが札幌/ヘルシンキ線を通年運航へ。初便運航前に拡大を決定。
フィンエアーが「フィジーエアウェイズ」と共同運航、世界一周も可能に

フィンエアーが「フィジーエアウェイズ」と共同運航、世界一周も可能に

フィンエアーグループとフィジーエアウェイズは2019年10月27日以降の出発便から、成田/ナンディ便を含むアジア3都市経由でコードシェアを開始。
フィンエアー、来春から羽田/ヘルシンキ線に新規就航、羽田発着枠の配分を受けて、成田線は維持へ

フィンエアー、来春から羽田/ヘルシンキ線に新規就航、羽田発着枠の配分を受けて、成田線は維持へ

フィンエアーは、2020年3月からの夏期スケジュールから、羽田空港とヘルシンキを毎日結ぶ路線を新規開設。来春からの羽田空港の昼間時間帯発着枠拡大を受けて。一方、現在運航中の成田/ヘルシンキ線も維持する。
フィンエアー、成田/ヘルシンキ線を増便で週9便に、10月から、JALとのコードシェアも

フィンエアー、成田/ヘルシンキ線を増便で週9便に、10月から、JALとのコードシェアも

フィンエアーが2019年冬期スケジュールから成田/ヘルシンキ線を2便増便し9便体制に。JALとのコードシェアも週9便となる。
フィンエアー、札幌/ヘルシンキ線を新設、インバウンド需要対応で2019年12月から

フィンエアー、札幌/ヘルシンキ線を新設、インバウンド需要対応で2019年12月から

フィンエアーが2019年冬期に週2便で札幌/ヘルシンキ線を開設。日本5都市目で最大の欧州系エアラインに。冬のインバウンド需要に対応。
航空業界団体「SITA」らの新NDCプラットフォーム、デルタ航空らが参画、API接続で低コスト導入を強みに

航空業界団体「SITA」らの新NDCプラットフォーム、デルタ航空らが参画、API接続で低コスト導入を強みに

SITA(国際航空情報通信機構)とATPCOが、航空新流通規格「NDC」対応を可能とする新プラットフォーム「NDCエクスチェンジ」を発表。ブリティッシュ・エアウェイズやデルタ航空など複数航空グループが参画。
フィンエアーが日本路線を大幅拡大、来年GWは成田線を1日3便、関空線の増便などで最大週41便に

フィンエアーが日本路線を大幅拡大、来年GWは成田線を1日3便、関空線の増便などで最大週41便に

フィンエアーが2019年夏スケジュールで日本路線の大幅増便を発表。成田線は1日3便の期間も。
フィンエアー、子ども客にムーミンのギフトを提供、家族向けサービスの一環で

フィンエアー、子ども客にムーミンのギフトを提供、家族向けサービスの一環で

フィンエアーが子ども連れ家族向けサービスで、ムーミンギフトを提供。ネックピローやルービックキューブなどを用意。
フィンエアー、2018年冬期も日本路線を増便、成田線と名古屋線で

フィンエアー、2018年冬期も日本路線を増便、成田線と名古屋線で

フィンエアーが今年冬のスケジュールで、成田線と名古屋線を増便。堅調な需要を見込み。
飛行機の機内食で「日本の風景」を表現、フィンエアーが日本人シェフと初コラボ、その背景と新メニューを取材した

飛行機の機内食で「日本の風景」を表現、フィンエアーが日本人シェフと初コラボ、その背景と新メニューを取材した

このほど外資系エアラインのフィンエアーが日本人シェフ監修による機内食メニューを提供開始した。「新しい和食」を追求した同社の取り組みについて、旅行・グルメライターの古屋江美子氏が取材。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…